通信講座で効率よく合格を目指す!

貸金業者ならば一定の割合で設置が義務つけられている「貸金業務取扱主任者」。立派な国家資格であり、合格することで社内でのステップアップも目指せます。

そんな貸金業務取扱主任者試験ですが、合格は結構難しいです。第1回(平成21年実施)の合格率は70.1%ですが、2018年度本試験だと31.5%です。

資格娘
ここ数年はだいたい20%台から30%台の合格率です

合格を目指すならば、独学よりも通信講座!

そんな貸金業務取扱主任者試験に独学で合格を目指される受験生の方もいらっしゃいますが、通信講座を利用した方が効率的です。

一番の理由は「出題範囲が広いから」。通信講座ならば、過去の本試験を分析し、出そうな箇所を中心に講義を進めます。

資格娘
費用は掛かりますが、時間と手間を買うと割り切るのが、できる社会人です

最近ではネット環境の普及もあり、費用の安い通信講座(動画講義つき)も数多くあります。ぜひ受講されて能率よく学習を進められるといいでしょう。

おすすめの通信講座まとめ

ここからは実績ある大手予備校を中心に、おすすめの通信講座を厳選してまとめます!

【スタディング】動画講義からスマホでマスターできる過去問題集ほか、コスパも最高!

忙しい社会人の方に一押しの通信講座「スタディング」。受講者数10万人(2021年8月現在、全コースで)を突破した人気の通信講座です。

人気の秘密は、スキマ時間で勉強できる動画講座、スマホ1台あれば勉強できる「スマート問題集」や「セレクト過去問題集」などのマスター教材。

またコーチがいるかのような「問題横断復習機能」や「学習レポート」、さらにモチベーションアップにも役立つ「勉強仲間機能」も。それでいて校舎のいらない通信講座だからできる低価格

さらに担当講師は有名スクールで豊富な講義経験を持ち、難関国家資格の本も数多く執筆されている竹原健先生。広い学習範囲から試験に出るポイントを分かりやすく解説します。スタディング公式サイトはこちら

詳細記事

【TAC独学道場】独学+TACの講義で合格を目指す!全国模試も受験可能!

大手予備校のTACの関連会社「TAC出版」による通信講座です。メインは貸金業務取扱主任者試験向けのテキストや過去問題集、DVD講義などを発売していますが、通信講座も開講しています。

講義時間を少なくすることで、驚きの低価格を実現しています。学習スタイルとしては、テキストを読んで、理解が難しい箇所や重要度の高い分野は、動画講義で理解する形になっています。TAC独学道場【公式サイト】はこちら

詳細記事

【資格の学校TAC】通信講座のほか通学講座も

大手資格スクールの「資格の学校TAC」です。TACの特長は通信講座(DVD通信コース、Web通信コース)のほか、通学コースも併設している点です。

講座内容もかなり本格的な一方、受講料はやや高くなっています。TAC(DVD通信コース)の詳細記事はこちら

【エル・エー】実力派講師によるDVD講義。合格祝賀金制度も

東京多摩市に本社を置くエル・エー通信講座です。行政書士、社会保険労務士、宅建など難関資格を中心に通信講座を開講しています。

そんなエル・エー貸金業務取扱主任者講座ですが、「ベテラン講師による動画講義」「安い受講費用」「合格祝賀金返金制度」などがあります。エル・エーの詳細記事はこちら

【LEC東京リーガルマインド】安心の伝統ある大手スクール!

司法試験など難関法律系資格の指導で実績ある、超大手予備校のLEC東京リーガルマインドです。

法律系資格を中心に講座を展開しているため、難しい法律を分かりやすく説明します。使用テキストも定評ある「きんざい」を使用。さらに各種割引キャンペーンも実施していることがあるので、お財布にも優しい!?詳細記事はこちら

まとめ

ここまでおすすめの貸金業務取扱主任者通信講座をランキング形式でまとめてきました。

本サイトでは、各予備校(スクールの特長)はもちろんのこと、試験に関する情報(合格率など)や学習法、おすすめのテキストや過去問題集なども併せてご紹介していきます。

ぜひ合格までお付き合いください。