スクール・講座

TAC貸金業務取扱主任者通信講座は、受講料は高いが理由がある!

2021年8月16日

大手資格スクールのTAC。TAC貸金業務取扱主任者講座ではWeb通信講座とDVD通信講座がありますが、価格が高い。

関連会社のTAC独学道場・貸金業務取扱主任者講座の受講料が2万円を切る一方で、TACの通信講座は10万円以上します。

TAC通信講座の受講料が高いわけ

基本となるインプット講義から直前対策まで充実している

2021年合格目標コース(DVD通信コース)の場合だと、次のようなコンテンツで構成されています。

  • 基本講義(全16回)
  • 公開模試(全1回)
  • 直前演習講義(全4回)

なるほど、確かに講義回数も多く、値段が高いのも納得です。

ここでTAC独学道場との比較をしておきましょう(価格等は2021年8月現在)。

比較 TAC(DVD通信) TAC独学道場
価格 118,000円 18,800円
DVD講義 基本講義16回 あり
全国模試 あり あり
質問カード あり(無制限) あり(5回)
担当講師 TAC講師 TAC講師
入会金 1万円必要 なし
公式サイト TAC TAC独学道場
もっと詳しく この記事 詳細記事へ

資格の学校TAC・本科生(DVD通信)の特長

「基本講義」「全国模試」「直前演習」の3つの順で、スムーズにステップアップ!

  1. 基本講義(~10月まで)
  2. 全国模試(10月)
  3. 直前演習(10月~11月)

初めての方でもOK!知識ゼロから重要事項を理解する「基本講義」、10月の「全国模試(公開模試)」でチェック、「直前演習」で合格力を養成、と無理なくステップアップをします。

インプットの基本講義でもミニテストを実施するので、インプットとアウトプットの同時並行ができて効率的です。

資格娘

全国公開模試は価格の安いTAC独学道場詳細記事はこちら)のカリキュラムにも入っています

貸金業務取扱主任者試験は相対評価で合格が決まる試験ですから、必ず模擬試験は受験しましょう。

甘えも絶てる!通信コースでも自習室が使える!

通信講座のほか通学講座も開講しているTACだからできるサービス!

授業として使っていない教室を通信<本科生>ならば、無料で利用できます。自宅学習で甘えてしまう方、気分を変えて勉強に集中したい方におすすめです。

講義の行われていない教室を自習室として開放しております。会員証をお持ちいただければどの校舎でもご利用可能です。(なお時期によって他の講座の講義が増えるため、十分に自習室をご用意できない場合もございます。予めご了承ください。)
※教室の使用状況により自習室として開放できない場合もございますので、予めご了承ください。

(引用 資格の学校TAC)

質問制度も充実!質問カードのほか、質問メール(i-support )も

TAC本科生では質問制度も充実しています。質問カードの利用回数は無制限(TAC独学道場・貸金業務取扱主任者講座は5回まで)、質問メール(i-support ) も無制限で利用できます。

添削

デメリットは講義時間が多いこと!?消化不良に注意!

このようにTACでは講義時間が多いので丁寧に説明していく一方、忙しい社会人受験生の方は消化不良に陥ってしまうリスクもあります。

そのような受験生の方には、TAC独学道場・貸金業務取扱主任者講座が最適です。

重要部分に中心に講義時間を絞っているため、復習も楽です。また講義時間が少ない分、お値段もお手軽になっています。

関連記事【知らないと損】TAC独学道場・貸金業務取扱主任者講座はTAC講師が講義を担当するのに圧倒的安さ!

【まとめ】DVD通信講座のほか、スマホで受講できるWeb通信講座も

ここまでTAC貸金業務取扱主任者講座のDVD通信講座(本科生)についてまとめてました。

TACではDVD通信講座のほか、スマホがあればどこでも受講できるWeb通信講座もあります。DVDプレーヤーがいらないメリットがある一方、視聴期限があるので、ご自分のライフスタイルに合わせて選ばれるといいでしょう。

また通学講座もあります。学習ペースを完璧に保ちたい方にはライブ形式の通学コースもおすすめです。

資格娘

TACは解答速報も実施するので、信頼度が抜群!

TACでは例年、11月の本試験の解答速報を公開しています。解答速報はスピードと正確性が命。そんな解答速報を出すぐらいなので、講師や専門スタッフの質は高いです。安心して受講できます。

(スポンサーリンク)

-スクール・講座